花粉症になる原因は??季節や環境によっても症状が違う!!

冷え症だと花粉症の症状がひどくなりやすいので注意!!

花粉症の人で、かつ冷え症でもあるという人は、花粉症の症状がひどくなりやすいようです。花粉症は、身体の中にある免疫系という仕組みの働きによって起こります。免疫系は、花粉のように身体の中に入ってくる異物を排除するために、身体にいろいろな反応を引き起こします。花粉症の症状である涙やくしゃみ、鼻水、咳はこうした免疫系の働きによって起こります。
花粉症を起こす免疫系という仕組みは、温度が低いと活動が鈍くなるという特徴があります。逆に温度が高いと活発に活動し、いわゆる免疫力がアップすることになります。それゆえ、花粉症で、なおかつ冷え症のひとは、この免疫力が低下しているために、ちょっとした花粉にも反応するようになってしまいます。そこで、花粉症に対抗する免疫力をつけるために、体温を上げる食べ物をたくさん摂るようにしましょう。身体を温める働きがあると言われている食べ物の代表は、ネギと生姜です。生姜は生姜湯などにして飲むとより効果的です。その他には蕪や人参、玄米や芋類があります。
免疫力を高めると、花粉症だけでなく、その他の病気にもかかりにくくなります。体を温める食べ物をたくさん食べて、免疫力をアップし、花粉症に負けないようにしましょう。
マカサプリメントについて紹介したいと思います。最近注目されつつあるマカサプリメントって聞いたことがありますか?マカサプリメントというのはどんなサプリメントなのかというと、実はマカサプリメントってあの宇宙飛行で有名なNASAも公認したくらいノサプリメントなんだそうですね。マカサプリメントは、アルギニンと呼ばれる栄養素が沢山含まれているそうですが、このマカサプリメントに入っているアルギニンというのは、どんな効果があるのかというと成長ホルモンに効果があることでも知られているんだそうです。マカサプリメントを摂取していることでからだの中でホルモンがたくさん生成されるようになります。バイアグラってご存知ですか?精力増進のための薬として有名ですが、マカというのは実は自然のバイアグラと呼ばれているくらいの効果があるんだそうです。

マカサプリメントは女性のホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体を作りますし、マカサプリメントを摂取していることで不妊症に悩んでいた人にも効果があったという話しもあるようです。マカサプリメントは、女性にとっては強い味方のサプリメントなのかもしれませんね。マカサプリメントは、コンビニでも手軽に購入できますし、ドラッグストアーなどでも手軽に購入できるようになりましたから興味がある人はマカサプリメントを飲んでみるといいかもしれません。

アメリカの花粉症はブタクサ花粉症

花粉症は、植物の飛ばす花粉が人間の免疫系を刺激して起こる症状です。つまり、植物と人間がいるところならばどこでも、花粉症になっている人がいる可能性があるということです。日本国内では花粉症と言えば杉花粉症ですが、海外では花粉症というと違う植物を思い浮かべるようです。
アメリカでは花粉症と言うとブタクサ花粉症が一般的なようです。アメリカでは杉はそれほど多くないということなのでしょうか。杉花粉症ではあるけれどブタクサ花粉症ではない、という方は花粉症を避けるためにアメリカに避難するという手もありますね。
ブタクサというのは、9月ごろに開花するキク科の植物です。秋の花粉症と言われるのはこのブタクサ花粉症が最も多いです。ブタクサは日本にもたくさん生えており、国内にもたくさんのブタクサ花粉症を患っている人がいます。ブタクサ花粉は杉花粉ほど遠くには飛ばないので、ブタクサ花粉症だと診断されたとしたら、家の近くや職場の近くにこのブタクサが生えているところがあるということです。
余談ですが、花粉症という病気からも、国ごとの植生の違いが分かるというのは面白いですね。日本国内でも北海道では杉花粉症が無いなどの違いがあるので、花粉症が辛い場合の避難先を知っておくとよいかもしれません。

ペットも花粉症になる!

花粉症は人間だけのものではありません。実は人間以外の動物も花粉症にかかります。つまり、ペットとして一緒に暮らしている犬も花粉症にかかることがあるということです。
花粉症のメカニズムは、人間も動物も同じで、身体の中にある免疫系という、異物を排除しようとする仕組みによって引き起こされます。花粉症というのは、花粉という異物を排除しようとして、過剰反応を起こす結果、くしゃみや鼻水、涙や咳といった身体反応が引き起こされるものです。そして、そのきっかけは大量の花粉を吸い込むことです。飼い主が花粉症になるくらい大量の花粉が飛散している地域に住んでいれば、そのペットも同様に花粉症になる可能性はかなり高いと言えます。
ペットが花粉症になった場合には、かかりつけの獣医さんに相談すると良いでしょう。花粉症の症状は、人間と同じように、くしゃみをしたり涙を流したりというものなので、普段と違うな、という感じがしたら獣医さんに相談してみてください。
動物の花粉症にも薬があるということなので、症状がひどいようなら薬を飲ませて、症状が緩和するようにしてあげると、ペットも喜ぶでしょう。
動物は自然の生き物だから、花粉症にならないと思われがちですが、やはり動物の中にもデリケートなこたちがいるのですね。

ヨーロッパの花粉症はカモガヤ花粉症

花粉症というと日本では杉花粉症が最も有名で数も多いようですが、地域が変われば花粉症の種類も変わるようで、ヨーロッパでは杉花粉症よりも、カモガヤ花粉症の方がポピュラーなようです。カモガヤ花粉症というのは、イネ科の植物であるカモガヤという草が飛ばす花粉によって起こる花粉症です。イネ科の花粉症の原因になるものはカモガヤの他に、ハガハグサ、コヌカグサ、ホソムギ、ヒロハウシノケグサ、ハルガヤ、イネ、麦、アシ、ススキ、シラゲガヤ、コスズメノチャヒキなどがあります。稲や麦、ススキといったよく知られた植物の他のものはあまり知らない、という方が多いかもしれませんがどれも写真を見てみると、ああ、見たことがあるというような雑草です。これらのイネ科の植物が花粉を飛ばすのは、5月頃から9月頃までです。杉花粉症の人が辛いのは2月末頃から遅くとも4月中くらいまでですが、それでも花粉症の症状が治まらないという人は、杉だけではなく、こうしたイネ科の植物にも花粉症の原因があると考えた方が良いでしょう。

ヨーロッパは牧草地などが多く、こうしたイネ科の植物が育ちやすい環境にあるため、イネ科の植物の花粉症の方が多く見られるようです。日本では山林が多いため、杉やヒノキ、松といった樹木の花粉症が多く見られます。

国民病としての花粉症は日本国内にどのくらいいる??

花粉症の患者数は日本国内にどのくらいいるかご存知でしょうか?花粉症は現在では国民病とも呼ばれるほどの患者数です。日本国民の5人に1人が花粉症だと言われています。また、その多くが杉花粉症であるというのが日本の花粉症の特徴です。
今では日本の花粉症の多くは杉の花粉症ですが、実は日本で最初に診断された花粉症はブタクサ花粉症でした。戦後、初めて日本国内で花粉症の患者として認定されたのはブタクサ花粉症で杉ではなかったというのは意外ですが、実は杉の木は戦後になってたくさん植えられるようになったものなので、その後、杉の木が大きくなる数十年間は杉の花粉症になる人はいなかったということです。
戦後になって国内にたくさん植えられた杉の木は国有林などで管理され、今でも多くの花粉を飛ばしていますが、中にはこの杉を伐採して別の木を植えるべきだと言っている人たちもいます。実は、杉の木は成長が早く、戦後の焼けた山肌を手っとり早く緑で覆うという目的で植えられた面もあるため、国有林として積極的に保護するインセンティブはそれほど高くはないはずです。地球温暖化などへの影響を考えるならば、針葉樹よりも広葉樹の植林をした方が良いのではないかという意見もあり、今後の展開には注目が必要です。花粉症患者にとっても、杉の木が減れば花粉の量も減るので、今後の展開が気になるところです。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.bigbootygirls.info/" target="_blank">http://www.bigbootygirls.info/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。